フィッティング・調整・メンテナンス


フィッティングは自分に合った補聴器を探す大切なプロセスです

補聴器は、精密・精巧でとてもデリケートな医療機器です。おひとりおひとり異なる聴力を十分に把握し、最も適した補聴器を選び、実際に装用して調整を行うことで、より快適な「聞こえ」の環境が生まれます。
コルチトーンでは、安心の聴力測定環境で、お客様の聴力測定やフィッティング調整を実施しています。

聴力に応じた補聴器のフィッティング

補聴器のデジタル化でフィッティングの精度も向上

以前は聴力の測定結果グラフと補聴器の特性グラフを見比べて、機種を選択し、補聴器についている音質調整器をドライバーで回しながら、という方法で調整やフィッティングを行っていました。現在のコンピューター調整を利用するデジタル補聴器では、選択した補聴器をコンピューターに接続をして聴力を入力すれば、聴力に適した調整をコンピューターが計算してくれます。

デジタルによる数値だけでなく実際の聴力を技術者が確かめます。

この計算で調整された音質が、お客様にとってより聞き良い調整になる場合もありますし、微調整が必要な場合もあります。チャンネル数が多く、騒音抑制機能の優れた精度の高い機種は聴力に対する最初に計算したフィッティングがより正確ですし、その後の再調整においてもより細かい調整が可能です。

最近の補聴器は、騒音の抑制・装用感・聴力に対するフィッティング等の点で以前に比べて、初めてのかたでも違和感の少ない補聴器が増えています。

快適な「聞こえ」に欠かせない購入時・使用後の調整

実際の使用で再調整が必要になる場合もあります。

ご購入後、実際に生活をされる環境で補聴器をご使用していただくことになります。
ご購入時の調整でフィットする場合もありますが、聞きづらい点が出てくる場合もあります。(音が弱い、強すぎる、響く、こもる 等)。こういった状況を確認しながら、再調整を行います。

根気よく調整することでより快適に補聴器をお使いいただけます。

補聴器をご使用するにあたって、初めから何の違和感もない方もいらっしゃれば、馴れるまでに時間を要する方もいらっしゃいます。皆さんそれぞれですが、この再調整を億劫がらずに行うことは、初めて補聴器をご使用される際には特に重要です。

長く使用している場合も調整が必要になることがあります。

補聴器を長期間使用していると、耳の聞こえと補聴器の調整が合わなくなってくる場合もあります。その際に補聴器の再調整で、その時点の聞こえに調整することもできます。

補聴器に慣れるためには練習と訓練が必要です。

補聴器に自然に慣れるためには時間をかけて段階的に練習しましょう。

コルチトーン補聴器では、お客様の聴力や購入された補聴器の形状に応じて、補聴器に慣れていただくまでの練習など、丁寧にご説明いたします。 また、ご家族の方への注意点なども、詳しくレクチャーいたします。

<補聴器を使い始めるときの三大原則>

○ 短時間から長時間へ
○ 小さな音から大きな音へ
○ 静かな場所から騒がしい場所へ

<練習の一例>
静かな室内で2人で会話をしてみる テレビでニュースを観てみる 食事のときに使ってみる
数人と会話をしてみる 公園で使ったり、近所を散歩してみる ショッピングをする時に使ってみる
会議や会合で使ってみる 車に乗っている時に使ってみる 講演会や観劇・映画鑑賞で使ってみる

いつも快適に使っていただくために必要なメンテナンス。

ちょっとしたケアでいつも清潔に

身につけて使用する補聴器は、ある程度のメンテナンスが必要になります。
耳垢が音の出口に詰まることが多いので、付属のブラシで掃除をしていただくほか、補聴器は湿気を嫌いますので、本体に付いた汗や水滴などは必ず拭き取っていただくようお願いしています。
乾燥ケースをご利用になると、よりドライな状態が保てます。

上記クリーニングなどはお買い求めの店舗でも行っております。
基本的にはサービスでクリーニングいたしますので、是非ご利用ください。