会社案内


ご愛用者さまに寄り添って60年~コルチトーン補聴器の歩みはこちら

会社概要

会社名 コルチトーン補聴器 株式会社
本社所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5
TEL 03-3813-9911/FAX 03-3814-9200


大きな地図で見る
設立 1957年12月
代表者名 代表取締役 金山 恵一
営業内容 各種補聴器および補聴器付属品全般
聴力測定器
補聴器特性測定器
許可番号 本社   13B2X00205 (第二種医療機器製造販売業)
東京工場 13BZ002565 (医療機器製造業)
九州工場 40BZ200014 (医療機器製造業)
支店 名古屋支店:〒453-0016 名古屋市中村区竹橋町5-12
TEL052-451-6422/FAX 052-451-8004

大阪支店:〒530-0012 大阪市北区芝田1-12-7 大栄ビル3F
TEL06-6375-0700/FAX 06-6292-4477

九州支店:〒812-0038 福岡市博多区祇園町4-58
TEL092-281-0573/FAX 092-291-4152

1946年 現地において医理科学用機械器具および耳鼻科医療機械の製作販売をはじめる。
翌年東邦理研株式会社設立。トランジスタを使用する補聴器の研究に着手。さらに1955年には、アメリカよりトランジスタを輸入して国産で初めてトランジスタを実用化したトランジスタ補聴器TR型を発売する。
また身体障害者福祉法による補装具製作所として、東京都をはじめ他県の指定をうける。
1957年 需要増加により補聴器部門の拡充強化を図るため、東邦理研株式会社を改組し、コルチトーン補聴器株式会社を設立する。
同年大阪に支店を開設する。
1959年 補聴器の新しい型として国産初のメガネ型およびヘアーピン型補聴器を製作発売する。
1962年 耳かけ型補聴器を製作発売する(国産初)。
1963年 アメリカ・RCA社と技術提携。製造技術の向上を図る。
1965年 名古屋に支店を開設する。
1966年 超小型電子回路 「IC」を国内で最初に採用。さらに補聴器の小型化を実現・性能の安定性を高める。
1970年 九州に支店を開設する。
1971年 耳あな型補聴器を製作発表(国産初)。画期的な製品として多くの注目を集める。
1974年 本社ビル落成。規模・内容ともに充実を図る。
1979年 聴力測定器SPLヒアリングメーターの製造販売を開始する。
1980年 アメリカ・パシフィックコーストラブ社と技術提携、オーダーメイド耳がた耳せんの製造開始。
1981年 アメリカ・フライ社と販売提携を結び、補聴器特性測定器の販売を開始する。
同年 空気電池の販売を国内で初めて行う(アメリカ・グールド社製)。
1984年 オーストリア・ベナトーン社と販売提携を結び、骨導式補聴器の輸入販売を開始。
1985年 オーダーメイド耳あな型補聴器(カナルイヤー)の製造販売を開始する。
1987年 鹿児島に営業所を開設する。
1989年 東京工場開設。生産体制の拡充を図る。
1990年 九州工場開設。さらに生産体制の拡充を図る。
1994年 超小型オーダーメイド補聴器を発売。
1999年 デジタル補聴器の発売を開始。
2004年 ツインマイクによる指向性機能を搭載したデジタル補聴器シリーズ発売開始。
2006年 耳を塞がないオープンフィット対応のデジタル補聴器発売開始。
2008年 リモコン対応のデジタル補聴器シリーズ発売開始。
2009年 RICタイプのデジタル補聴器シリーズ発売開始。