補聴器の選び方


コルチトーン補聴器直営店は補聴器専門販売店です

補聴器購入は、専門の知識をしっかり持っている専門店で、じっくりと相談しながら選ぶことが重要なポイントです。特に「補聴器は初めて」という人の場合は、気兼ねすることなく、小さなことでも気軽に話せることが非常に大切です。コルチトーン補聴器は、国産補聴器メーカーの先駆けとして開発・販売し、技術力とお客様へのサポート力には、大きな評価をいただいております。

聞こえのしくみを知りましょう

「聞こえ」の具合は人それぞれ違います。
必ず聴力の測定を受けてから補聴器をお選びください。

伝音性難聴・・・ 外耳から内耳にかけて障害が起こったもの。
感音性難聴・・・ 内耳から聴神経、脳にかけて障害が起こったもの。
混合性難聴・・・ 伝音系と感音系両方にかけて障害が起こったもの。

補聴器の種類を知りましょう

補聴器には様々な種類があります。かたちも違えば価格や搭載されている機能によっても違いがあります。また、信号処理の方法により、アナログ補聴器とデジタル補聴器に分けられます。それぞれの特長をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や装用感・予算などに合う補聴器を選ぶようにしましょう。

補聴器選びのポイント

POINT 1
聴力
補聴器を選ぶ上で重要なポイントです。聴力に合っていない補聴器を使用すると効果が出ないどころか、過度な集音や音量によるストレスが生じます。
聴力によってある程度、お使いいただける機種が絞られ、周波数ごとの域値からどの周波数帯を強調・抑制するかという調整の目安もわかります。チャンネル数の多いデジタル補聴器は周波数ごとの調整が可能ですので聴力に対して正確に音質をフィット・微調整することができます。
POINT 2
装用感
耳の中に補聴器を入れて、全く違和感のない方、密閉感とともにご自分の声の響きが気になる方など、装用感は様々です。
オーダーメイドの場合は基本的に耳の形を採取して作成しますが、ピッタリしすぎて密閉感が強くなる場合もあります。
既製品の場合は耳せんのサイズを変えることでも密閉感、装用感は変わります。
オープンフィットタイプの耳せん使用機種であれば、閉塞感を軽減できますが、出力の高い器械ではオープンフィットは音漏れによるハウリングが考えられるので対応できません。

※ オープンフィット … 補聴器に大きな通気孔を空けることで、外の自然な音が入ってくるので「こもり感」が少ない仕組みです。
POINT 3
使い勝手
毎日使うものですから、使い勝手も大切なポイントです。
形の小さいものはボリューム調整器・操作部・使用電池も小さくなります。(電池の交換は必須)
操作に関して、最近では補聴器本体が小型の場合でも手元で調整できるリモコン対応機種も多くなっています。
POINT 4
使用環境
使用環境によって、お勧めする補聴器も異なります。
例えば、ご使用になる場所が多岐に渡る場合(職場、騒音の激しい場所、広い場所、ご家庭、レジャーなど)と、ご家庭だけで使用する場合では選ぶ補聴器も違ってきます。
例)騒音下での使用やアクティブに行動される方の場合 → 優れた騒音抑制機能搭載の機種や、顔を向けた方向の音声を聞き取りやすくする指向性マイク搭載機種などをお勧めします。
その他 ご予算・形状やタイプも考慮して、総合的に判断することが大切です。

補聴器を両耳に装用することで、バランスよく自然に聞くことができます。

人の聴覚の仕組みは、左耳からの音情報は主に右脳に伝わり、右耳からの音情報は主に左脳に伝わります。そして左脳と右脳にバランスよく音情報が届くと、左右の脳が協力してさまざまな能力を発揮します。例えば、少々騒がしい場所でも、周囲のさまざまな音の中から話し相手の声を聴き分けられるのも、この能力のひとつです。このような脳の働きを活かすために補聴器の両耳装用が有効です。

<両耳装用でこんな効果が期待できます>

・方向感覚がつかみやすくなる
・より立体感のある音で聞き取れる
・言葉の判別がしやすくなる
・補聴器の音量を下げて使用できるため静かで快適

補聴器選びから購入までの流れ

STEP 1
カウンセリング
どういう音が聞こえにくいのか?どんな時に不自由を感じるのか?など、お客様の「聞こえ」の状態をできるだけ詳しくお話しください。
補聴器についての疑問や不安なども、遠慮なくお尋ねください。
不安な場合は、ご家族に同席してもらうことをおすすめします。
STEP 2
聴力測定
安心の測定環境で、聴力の状態を詳しく調べます。
STEP 3
補聴器の種類を選択
聴力測定の結果をベースに、補聴器を選びます。
STEP 4
フィッティング
お客様の聴力や聞こえの状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力など、きめ細かな調整を行います。
STEP 5
試聴
実際に補聴器をつけて音を聞いてみます。
様々な環境で言葉がどう聞こえるかをお試しいただきます。
STEP 6
購入~使用開始
お役立ちコラム

補聴器と集音器の違い
補聴器と集音器の大きな違いは、製造工程から厚生労働省のチェックを受けて、管理医療認証番号を取得している医療機器であるか、そうでないかです。補聴器は医療機器ですが、集音器や助聴器は医療機器ではありません。