補聴器性能一覧


正確な聴力測定で耳に合った補聴器を選びましょう

コルチトーン補聴器は、あらゆるお客様の聞こえに対応する製品開発を目指して、モデルチェンジや性能向上に取り組んでおります。補聴器は聞こえの具合や難聴の度合いによって、またお使いになる環境によって、選べる製品ラインナップが決まります。お客様により快適な聞こえを獲得していただくために、最終的な製品のチョイスは、聴力測定とカウンセリングの後にご案内申し上げております。

補聴器の性能比較

フルデジタル補聴器

デジタル補聴器は音声をデジタル化して複雑な信号処理を行います。
アナログ補聴器よりも、はるかに精密な分析・処理が行えるため、お客様の「聞こえ」の状態により適した音に調整できるようになりました。調整された音は、自然で元の音に近く、騒音の中でも会話が聞き取りやすい事が特長です。

トリマー・デジタル補聴器

補聴器の音量、音質の調整にトリマー(小さなダイヤル)を使って調整するタイプのデジタル補聴器です。フルデジタル型補聴器の簡易型で、価格的には安価なことも特徴です。デジタル回路を活かした機能を搭載しているため、使用時の快適さはアナログ補聴器より優れています。

アナログ補聴器

アナログ回路を搭載した補聴器です。音の増幅や音質・音量の調整をアナログ信号のまま行うため、音質の向上や雑音の処理などには限界がありますが、アナログ補聴器を永くお使いの方や音量感を得たい場合には適しています。

フルデジタル補聴器・性能比較表

画像をクリックすると拡大表示されます。

<各種機能説明>
チャンネル数 補聴器の性能の目安で、チャンネル数が多いほど細かい調整が可能で、より聴力に合わせることができます。
騒音抑制機能 音声か雑音かを識別し、雑音を抑える機能です。チャンネル数が多い補聴器ほど、細かく雑音を抑えることができます。
フォーカス360 前後ふたつのマイクにより、音声がある方向へマイクのピントを合わせる機能です。
例えば、車内で後ろの席の人から話しかけられた時、マイクの方向が後ろに向くように自動的に切り替わります。
※ スーパーミニ・カナル非搭載
サウンドブリリアンス 従来の補聴器の約1.5倍の12kHzまでの高音を出すことができます。(当社比:従来型は約8kHz)
この機能によって、楽器の音や鳥の鳴き声が、より自然に聞こえます。また、音色もメリハリのある音質になります。
サウンドスムージング 突発的な雑音、衝撃音を検出し、最大40dB除去します。物が割れる音/ぶつかる音/ドアを閉める音/食器のぶつかる音/新聞などをめくる音/水の音など。
騒音マネジメント機能 単に雑音を抑制するだけでなく、雑音をコントロールすることで音韻修復効果をもたらし、より自然に会話音を聞き取りやすくする機能です。
サウンドロケーター 人間工学に基づき補聴器が介耳効果をシミュレートするシステムです。従来の指向性をさらに進化させて人間本来の聞こえに近づけ、方向性もつかみやすくします。
指向性(マイクモード) 音を拾う範囲を限定させ、会話をより明瞭にする機能です。
※ スーパーミニ・カナル非搭載
オートマイクコントロール 環境に応じてマイクモードを自動的に変化させる機能です。
※ スーパーミニ・カナル非搭載
オートマイクコントロール 環境に応じてマイクモードを自動的に変化させる機能です。
※ スーパーミニ・カナル非搭載
ウィンドノイズ
キャンセレレーション
/ウィンドスクリーン
屋外の風切り音を自動的に抑制します。
自動イコライザー 補聴器が瞬時に状況を判断し、音楽や騒音のある場所など周囲の環境に応じて、自動で快適な音質に切り替えます。
両耳ワイヤレス通信システム 方耳ともう一方の補聴器を通信させて、同じ動きをさせる機能です。例えば、両耳装用時に右側の補聴器の音量を上げると、左側の音量も上がります。
Blu RCU/Mini Blu RCU 機能性・操作性に優れた補聴器のリモコンです。
Pro Pocket 手軽で簡単な補聴器のリモコンです。
ステレオストリーミング テレビや音響機器・携帯電話の音声を受信させるシステムです。周囲の音の影響を受けず、受信した音のみを伝えます。
※リモコンBlu RCU/Mini Blu RCU使用時のみの機能です。
ハウリングキャンセラーⅢ ハウリングが発生した場合、レシーバーから出る音全体の周波数をずらすことでハウリングを抑える方式です。
データログ/ボリューム学習 日々の補聴器の使用状況や音量(調節機能付の場合)を記録して、再調節に役立てる機能です。
ナノコーティング 特殊表面加工で、水・汗・油・ホコリ等から補聴器を守る機能で、器械寿命を高めます。
※耳かけ型のみ
アラーム/電源遅延 電池の交換時期をアラーム音でお知らせします。
電源遅延は、電源を入れてから数秒後に音が出る機能で、装用時のハウリング防止に役立ちます。